まだまだ肌を諦めない|暗い印象になる可能性アリ|目の下のたるみ改善で笑顔を取り戻す

暗い印象になる可能性アリ|目の下のたるみ改善で笑顔を取り戻す

女の人

まだまだ肌を諦めない

注射器

肌と女性ホルモンの改善

年齢とともに現れるシワやシミ、肌のたるみなどは、女性にとって大きな悩みのひとつです。さらに更年期障害が重なると、もう年だからと美容への関心も薄くなってしまいがちですが、まだまだ諦めるのは早すぎます。年齢による肌の衰えは、美容クリニックで受けられるプラセンタ注射で改善させることができます。プラセンタとは動物の胎盤から抽出した成分で、薬剤として生成されるものは人の胎盤が使用されています。プラセンタ注射は美肌効果や美白効果が期待でき、さらには女性ホルモンであるエストロゲンに作用する働きも持っています。そして、エストロゲンに作用するということは、更年期障害の症状を改善させる力を秘めていることにもなるのです。肌を若返らせたいけれど、外科的手術までは考えられない場合は、プラセンタ注射という選択肢があります。

守らなければならないこと

この施術は、注射だけで若返り効果が期待できるため、これからプラセンタ注射の需要は上がってくることが予想されます。ただ、プラセンタ注射を受ける際には、副作用のリスクもあるということを、頭の隅にとどめておく必要があります。プラセンタ注射を受けることで、たまに吐き気や発熱などの症状が出ることがあります。この症状は、アレルギー反応を起こしやすい体質の方に出やすいので、体質的に不安がある場合は、カウンセリング時に医師に伝えておくことが重要です。また、プラセンタ注射を受けた方は献血行為ができなくなるので、施術後はこのことも覚えておかなくてはなりません。ただ、プラセンタ注射はすでに一般化しつつあり、安全に受けることができる美容施術となっています。カウンセリング時には医師の説明を漏らさずに聞き、気を付けなけなければならないことを守って受けましょう。